印鑑が破損したら?

破損した印鑑は、破片が目に刺さる危険性がありますので、ご注意下さい。どうしてもその印鑑を使いたいなら、購入した業者に依頼して、印鑑の表面を削ってもらいましょう。破損範囲が広い場合は、印鑑の作りなおしも検討しましょう。
また、こちらの印鑑の保証をしているサイトなどで購入しておけば、万一の破損が合った際も彫り直しが可能なので安心です。

印鑑を破損させないために、丈夫なケースを使用しましょう。耐火性の金庫にしまうことや、落下を避け、慎重に持ち運ぶことも大切です。銀行印や実印は、使用頻度が低いため、紛失にご注意下さい。

印鑑に限らず、ガラスや工芸品など、壊れやすいものは補強が必要です。観賞用のケースや戸棚、貴重品入れなどを上手に活用しましょう。どんなに高価な品も、時間が炊けば表面の装飾が外れ、中身も劣化します。経年劣化は、どんな物にも発生します。

貴重品の破損を防ぐ方法は、保管場所を1つに定めることです。大掃除などを行うときも、貴重品を入れた箱は丁寧に持ち運び、頻繁な開閉を避けましょう。頻繁に空気の入れ替えをすると、酸素が金属を侵食し、サビの原因となります。金属製カバーをお使いの方は、定期的にカバーを交換しましょう。

一般的に、破損した印鑑は廃棄します。この時、個人情報の流出を防ぐため、表面を真っ白に削ってもらってから廃棄します。高級な材質の印鑑も同様です。もっとも、思い出の品として、引き出しの奥に閉まっておく事も良いでしょう。